« 自転車に心ゆさぶる 2012 vol.6 | Main | りんごのにおいとLE METRO 2012 »

October 25, 2012

自転車に心ゆさぶる 2012 vol.7

楽しかったジャパンカップ、最後のエントリは、土曜日に開催されたチャレンジレースについてです。
2012年のジャパンカップ、ぼくにとっては、このチャレンジレースがメインイベントでした。
チャレンジレースは、ジャパンカップと同じ森林公園周回コースを大回り1周、小回り1周の約24kmで争われます。
(制限時間は50分。1周目終了時、先頭から10分差での足切り有り)ぼくの実力は、足切りライン上をウロウロって感じ。特に改善も出来ず、当日を迎えてしまいました。
以下、参戦記です。

■準備
当日は、午前6時前に起床。凛とした寒さに身震い。
コーヒー淹れて、軽い朝食を摂る。
歯みがきして、いつもの休日には剃らないヒゲを剃った。(スネ毛は剃らない。これは、ポリシー。)シャキッとした。
チームジャージ(ロードバイク始めてすぐに買ったジャージなので、でかい。痩せるのも考えものだ。)に着替える。
アンダーウェアに悩んだが、skinsの長袖とタイツにした。ちょっぴり寒かったので、これは正解。
そして、バイクの準備。前日に磨いておいたので、ピカピカだ。チェーンの滑りもいい具合。ただ、異音は治まっていない・・・。
ボトルに水を入れてバイクに装着。(最近は、ただの水が気に入っている。スポーツドリンクは、バイクがベトベトになるので、嫌いになった。)
以上で、出発の準備は完了。
ようこちゃんに見送ってもらって、7時30分に出発。いざ森林公園へ!

■レース前
いつもの練習コースをゆっくりとたどって、8時頃に森林公園に到着。
受付でゼッケン番号を告げ、計測タグ1個と、ジャージ用のゼッケン2枚とバイク用のゼッケン1枚を受け取る。
当たり前かもしれないけど、ゼッケンには、「2012 JAPAN CUP」と書かれている。ちょっぴり感激。

201210jc31
これで、バイクはスタートできる状態に。(この後、計測タグは反対側に付け直してます。)
この時点で、たしか8時30分くらい。あまりにも時間があるので、会場をウロウロ。
201210jc32
キャノンデールのブースに、ペーター・サガンのバイクが展示されてた。すごくカッコよろし。
その後、応援に来てくれたようこちゃん、S&Tさんとも無事合流。
201210jc33
S&Tさん、ぼくだけの応援用のグッズを作ってくださった。ただただ感激。ありがとうございます。
ようこちゃんにぼくの荷物(リュック1個)を預けて(受付横のテントでも預かってくれたみたい)、ようこちゃんとS&Tさんは、KOMへ。ぼくはアップに向かいました。
ここで、チームメートのSATOSHIさん(ぼくの自転車の師匠)とも合流。一緒にアップへ。

■レース
いよいよ、スタート時刻午前10時が迫る。

201210jc34
ぼくは、第2組。1組目のスタートから3分後、10時03分のスタートです。
ドキドキしていた。けっしてやる気が無い訳じゃ無いけれど、最後方で号砲を待つ。
「パン」。
乾いたピストルの音で、一斉にスタート。周りに迷惑をかけないよう慎重に走ったけど、スタート直後の赤川ダムまでの上りは、普段より明らかに速いペースでクリア。
ダム湖の脇を集団で抜けて、釣り堀横を左へカーブし1回目の古賀志林道へ突入。ココは上り口が急なため集団が詰まっちゃう。だから、落車に注意。
でもね、落車発生。これもレースかな。かわいそうだけど仕方ない。ぼくは、なんとか誰とも接触せず、SATOSHIさんの背中を見続ける感じで上った。しかし、KOMまであと2つくらいのコーナーで見失い、まだまだダメだなと思いつつ、KOMへ。
KOMでは、ようこちゃんとS&Tさんが懸命に応援してくれた。うれしい。でも、片手を上げ応えるのが精一杯。
下ハンを握り直して、苦手(得意はあるのか^^;)な下りへ。
落ち葉や苔でスリッピーなこの坂は、前日までにキレイに清掃いただいており、いつもより安全に走れた。しかし、せっかく上りで抜いたライダーに、どんどん抜かれちゃう・・・。みんな速いなぁ
ビビリつつもなんとか下って、ゴルフ場脇の直線へ。ここで、4,5人の小グループに追いつけて、しばし一緒に走れた。
ぎこちないながらも、ローテーションが回って、田野のセブンイレブンを左折。ここにも、たくさん応援がいらっしゃって、うれしい限り。
でも、その後の小さな上りがきつかった。先の小グループから遅れてしまい、そのまま単独で萩の道の上りへ。
独りはつらいなぁと思いながら走ってるのがダメなのか、息が切れだした。足が売り切れちゃう前に、苦しくなるなんて・・・。
鶴カントリーの上りも、単独で。もう、ゼイゼイ、ハアハア。コレじゃ足切りだぁ、と思いながらコントロールラインへ。
すると、最終周を意味する鐘が鳴ってる。うれしい、足切りは免れた!
でも、苦しいのは解消しない。ゼイゼイ、ハアハア。そのまま2回目の古賀志林道へ。
201210jc35
もう、ヘトヘト。情けない。途中、KOMから下りてきたようこちゃんとS&Tさんの声に後押しされて、なんとかKOMをクリア。
頑張って下って遠くを見ても、追いつけそうなグループは無い・・・。そうしてる内に、右手の人差し指が痙攣。なんてこった。シフトチェンジがし難いったらありゃしないけど、牧場の子牛の横を駆け抜けた。ここで、たぶん40分だったと思う。
こりゃぁ、タイムアウトだぁ。と思っちゃった。でも、制止されないので、頑張って走る。田野のセブンイレブンで、またもや大声援。
遅いのに申し訳ない。恥ずかしいから逃げるようにダンシングして先を急ぐ。ゼイゼイ、ハアハア。この後の小さな上りを上りきったところで、オフィシャルの車が横に付いた。
どうも、ゼッケンを確認し、メモしている様子。でも、制止は求められない。まだ大丈夫なんだ!?と、もうひと頑張りして、ゴールへ!!
すると、ひどい。チャレンジレースの次のオープンレースに出場する選手が、既にコントロールラインに並んでました・・・。
つまりは、時間切れ、DNF。やれやれ。完走を重んじるようなレースじゃないってことだ。ぼくが甘かった。
(コメントをいただいていたnocchiさんから「ゴールで待ってました」と連絡いただきましたが、こんな状況でございました。)

■レース後
悔しい思いのまま、計測タグを返却。参加賞のリンゴをたくさんもらう。SATOSHIさんとも健闘を讃え合ってお別れし、ようこちゃんとS&Tさんの元へ。
レースの結果はダメだったけど、ようこちゃんが楽しそうだったのが、よかった。Tさんも来年は出場するとのことで、頼もしい限り。
ぼくもこのままじゃ情けないので、来年も出場してより良い記録を残したい。

■最後に
S&Tさん、朝早くから応援に来ていただき、本当にありがとうございました。

201210jc36
それに、こんなにかっこいいメッセージボードも作っていただいて(^^)。
ようこちゃんも、KOMまで歩いてくれてありがとう。
懲りずに来年も出るから、応援してね。

以上、楽しい楽しいジャパンカップでした。
おしまい。

|

« 自転車に心ゆさぶる 2012 vol.6 | Main | りんごのにおいとLE METRO 2012 »

スポーツ」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

Comments

ジャパンカップ、お疲れさまでした!
ようこちゃんが2周目に「だいちゃん来るかなぁ」と心配そうにしていたので、現れた時にはテンションあがりましたよ。出せる限りの大声を出しました。
だいちゃんのフィジカル、メンタルのせめぎ合いをこのブログで読ませていただいて、自転車の奥深さを知りました。もっと勉強します。そしてようこちゃんとイケメンについて互角に熱く語りたいです。
パネルはお二人仕様にカスタマイズして使い回してもらえれば幸いです。
来年のチャレンジレースはぜひTと優勝争いしてください!!

Posted by: S&TのS | October 25, 2012 at 16:35

力走、お疲れさまでした!
来年はいっしょに出られるようにしっかりと練習しておきます。よろしくお手合わせのほどを。

Posted by: S&TのT | October 25, 2012 at 17:46

Sさん、こん○○は!
先日は応援ありがとうございました。おかげさまで、KOMを2回超えることができました。
来年に向けて、Tさんとの練習をお願いすることが多くなると思いますので、よろしくお願いします!
ようこちゃん、イケメンについて熱く語ってましたか?ブリッツェンの若杉選手の顔の小ささが、かなり気に入ってるみたいですね。

Posted by: だいちゃん | October 26, 2012 at 00:33

Tさん、こん○○は!
来年は是非とも一緒に走りましょう。Tさんなら、上位を狙えると思います。ぼくは、まずは今年の悔しさを晴らさねばですね。5分縮めれば、なんとかなるかな・・・。

Posted by: だいちゃん | October 26, 2012 at 00:36

だいちゃん&ようこちゃんさん、こんにちは。
ジャパンカップの決勝日、双子の写真を撮っていただいた者(母の方)です。お言葉に甘えて写真をいただけないかとやって参りました。
実は私もココログを少し前から書いています。同じココログだったのでそれだけで嬉しくなりました。

チャレンジレース参加されたのですね!凄い!!
後もう少しのところでDNFだったとのことですが、来年のチャレンジ応援しています!
私も自転車には乗りますが、全くスピードとは縁がなく・・・妊娠発覚の年にオープニングフリーランに参加しようと準備していました。が、40分で一周できるかどうか・・かなり微妙なラインだと思っていました。今はブランクがあるので40分は無理!と言い切れます!!

すばらしい写真もたくさん楽しませていただきました。これからも、お2人で楽しい日々をつづってくださいね!

Posted by: みくま | October 30, 2012 at 13:03

みくまさん、こん○○は!
コメントありがとうございます。
お子様の写真、先ほど送信しましたので、ご確認ください。
ぼくは、小さな子を撮影することがほとんどないので、難しい被写体だなと思いました。動きが予想できないですからね(^^;)。来年のジャパンカップでお会いするときは、もう少し上手に撮影できたらと思います。

Posted by: だいちゃん | October 30, 2012 at 21:45

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91555/55956601

Listed below are links to weblogs that reference 自転車に心ゆさぶる 2012 vol.7:

« 自転車に心ゆさぶる 2012 vol.6 | Main | りんごのにおいとLE METRO 2012 »