« パリのB級グルメ事情 | Main | フランスのお土産事情 »

March 21, 2011

パリの鉄道事情

ボン○○ール!ようこちゃんですっ。
今日は、パリ初心者のあたしとだいちゃんが体験した、パリの鉄道を紹介しますっ。
パリ市内を走る鉄道は、メトロ(地下鉄)、RER(高速郊外鉄道)、SNCF(フランス国鉄)の3種類があるみたい。その中で、あたしとだいちゃんは、メトロとRERを利用しました。
RERは、パリ市内とその近郊の街を結ぶ路線。シャルル・ド・ゴール国際空港-パリ市内、ヴェルサイユ宮殿-パリ市内の移動で利用しました。飛行機から降りて荷物もスムーズに出てきて、意気揚々とパリ市内に向おうと空港内のRERの駅でキップを購入。しかし、そこで最初の洗礼を受けましたぁ(^^;)。券売機は日本のそれと同じようにタッチパネル。パリ市内まで2人分を選び、いざ購入というときに、紙幣が使えないことに気が付きました。コインかクレジットカードのみ(場所によっては、紙幣が使えるのもあります。)なんですよね。ガイドブックでこのことは知っていたはずなのに、パリを目の前にして、うれしくて忘れていたようです・・・。なので、その場でまごまごしていたら、となりでキップを購入した方が、自分のクレジットカードで、あたし達のキップの代金を支払ってくれたのです。いい人がいるんだなぁと、20ユーロ紙幣を手渡すと、おつりを少しごまかされましたぁ・・・。世の中、そう甘くはないですね。

201102france138
これは、ヴェルサイユ行きのRERの車内。落書きが外国っぽい。日本の列車のようには、キレイじゃない・・・。
201102france139
キップは、これです。RERにもメトロにも乗れます。写真のキップは、ヴェルサイユに行ったときのモノ。「MOBILIS」という一日乗り放題のキップです。パリ滞在中は、この「MOBILIS」が重宝しましたよっ。
201102france140
また、メトロでは降車時にはキップを機械に通しません(乗車時のみ)。なので、使用済みのキップが手元にたまってきます。前日分は当然使えないので、気をつけましょうね。だいちゃんは、何回か古いキップを乗車時に通しちゃってもたもたしてました(^^)。
201102france141

それから、メトロを使うときの注意点を、あたしとだいちゃんの体験から、いくつか紹介します。
1.ドアは自動では開かない
 メトロのドアは、一部の路線を除き半自動。ドアに付いてるレバーやボタンを操作して開けるんですね。最初は戸惑ったけど、だんだんスムーズに操作できるようになりましたっ。
2.エスカレーターやエレベーターが無い
 一部の駅を除き、便利なものは無いです。重い荷物を持った旅行者、身体が不自由な方、ベビーカーには、とっても厳しい環境です。
3.クサイ
 いろいろな海外の都市(ニューヨーク、ソウル、香港、台北)で地下鉄に乗ったけど、どこよりも臭かったなぁ・・・。
4.治安が悪い
 生まれて初めてスリに遭いました。と言っても、何も盗られてないのでご安心を。怖いと言われていたニューヨークの地下鉄でもこんなことはなかったので、かなりショックでした。
 では、詳報ですっ。メトロには、旅行者(特に日本人)をターゲットにしているグループがいるみたい。あたしとだいちゃんは、4番の路線でそういったスリグループ(男1人女2人)に遭遇。その手口は・・・
201102france142
あたしとだいちゃんは、ホームで電車の到着を待ってました。(写真は違う駅(プラス・モンジュ)だけど、このくらい空いてました。)
Suri1
あたしとだいちゃんは、ランチにと目論んだお店に2軒続けてふられたおかげで、ちょっとした小競り合いをして無口でした。そのときから、スリグループにロックオンされてたようです。
Suri2
電車が到着。スリスリとスリグループが寄ってきました。後で確認し合いましたが、あたしもだいちゃんも、「こいつら空いてるのに、何なんだ?」と思ってました。
Suri3
電車にスリ男、だいちゃん、スリ女1、スリ女2、あたしの順で乗ると、これまた空いているのに、スリグループはあたしとだいちゃんをブロックしてドア付近から移動しません。
Suri4
だいちゃんは、直前の小競り合いの「はけ口」をスリ男にぶつけ、スリ男を両手で突き飛ばして空席へ。でも、あたしはそれに付いて行けませんでした。「だいちゃん、あたしを置いて行くなんてひどいぃ」と思って、しょんぼりと顔を下に向けると、スリ女2の手が、締めていたはずのあたしのバッグのファスナーをいつのまにか開け、お財布に手をかけていたのですっ!!すかさず、「あんたっ、何やってんのよっ!!盗ろうとしてたでしょ!!!」と日本語で怒鳴ると、手を引っ込めて、「何もしてない」みたいな表情でとぼけるスリ女2。
Suri5
あたしの怒鳴り声を聞いただいちゃんが戻り、スリグループとひと悶着あった後、空席へ移動しました。そうこうしている内に、次の駅へ到着。スリグループは、悪態をついて下りて行きました。すると、周りの方が心配そうにあたし達に声をかけてくれて、「あいつらは馬鹿だから気にするな」みたいな事を言ってくれました。嫌な気分になってしまったけど、その後は仲直りしてふたりの絆が深まった感じに。ランチが出来ずに揉めてた事も忘れて、いい雰囲気に戻れました。ちょっぴりうれしかったですぅ。
で、この話には後日談が。ルーブル美術館を観た後のメトロ。同じく4番の路線。ホームはもの凄く混んでいたんですが、同じスリグループを発見したんですっ!!スリグループもあたしを確認。スリ女2があたしのことを覚えてたみたいで、何か悪口を言っていました。だいちゃんは冷静に、「あいつら、もっと仲間がいる。」と。「似た顔のヤツがいる」って言うんです。あたしはよく分からず、スリ女2をニラミ続けてたんですが、電車が入ってきてドアが開くと、だいちゃんがダッシュ。何かと思ったら、日本人旅行者の女の子達がスリグループの仲間(だいちゃんが言うとおり人数が増えていたっ!)に囲まれて電車に乗ろうとしてるところに割って入り、スリグループを指差して「こいつらスリだから気をつけて」と言って、女の子達がその車両に乗らないようにしました。女の子達は、かなり驚いていたけど、「触られて変だな?って思ってたんです。ありがとうございます。」とのこと。スリグループにはまたもや悪態をつかれたけど、被害を防げて良かったっ!このスリグループは、しゃべってる言葉と顔つきから判断するに、たぶんフランス人じゃないです。スリ男以外は、全員女。スリ女4までいました。そして、若いです。このグループはスリ男がリーダーなんだろうけど、このスリ男もどこかで指令を受けている感じでしたね。胸元にマイクと耳にはイヤフォンがあったから。組織的です。これからパリへ旅行される方々、メトロは、空いてても混んでても、その他いろいろ、要注意ですっ!!

|

« パリのB級グルメ事情 | Main | フランスのお土産事情 »

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

ものすごく詳しい情報ありがとう!
僕たちもチーズの切り方でケンカして、別行動になりかけましたよ。その日は僕はふて寝です。

Posted by: マスター | March 21, 2011 at 10:45

マスター、こん○○は!
ようこちゃんとぼくも、食べ物のことで揉めるのが多いですねぇ。今回のフランス旅行において、ぼくの最大の目標が、「揉めない」ってことだったんだけど、達成できませんでした・・・。

Posted by: だいちゃん | March 21, 2011 at 12:20

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91555/51155415

Listed below are links to weblogs that reference パリの鉄道事情:

« パリのB級グルメ事情 | Main | フランスのお土産事情 »