« February 2011 | Main | April 2011 »

March 31, 2011

CAAD9 ピンク増殖計画 vol.3

久しぶりのロードバイクネタを。
ぼくのバイクにピンクのパーツを増やしていますが、今まで避けていた部分をピンクにしました。

201103caad91
ハンドルね。バーテープをピンクにしましたよ。ま、定番ですね。
201103caad92
うーん、どうでしょう。ようこちゃん曰く、「モコモコしてて、モスラの幼虫みたい。」だって・・・。モスラの幼虫はピンクじゃないけど、ま、いいか。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 30, 2011

パリの反省会

「LE METRO」のマスターとあっこさんがパリから戻るのを待って、勝手に反省会をしに行ってきました。

201103metro1
それぞれが無事帰国できたことを祝って、カンパイ(^^)。やっぱ、ビールだわ。
201103metro2
「ステックタルタル」。パリのそれもうまかったけど、「LE METRO」のも、いつものとおりうまい。安心できます。
201103metro3
「ビーツとジャガイモのサラダ」だっけ?いつものビーツにジャガイモが加わってます。
201103metro4
ビールといいながら、「ワイン」も飲んでる(^^;)。
201103metro5
名前は忘れたけど、魚料理。これもうまかった!
201103metro6
最後は、「二番町ブレンド」と「アイスティー」。
201103metro7
そして、「ブリュレ」。
「LE METRO」、パリから戻ってもパリの気分。パリの雰囲気を味わいたいそこのあなた!「LE METRO」へ急げ(^^)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 29, 2011

上野にパンダが来たのね

ようこちゃんと上野をテクテク歩いていたら、アチコチにパンダのノボリが掲げられてました。そっか、上野動物園にパンダが来たんだっけ。

201103pan
そして、こんなのも見つけました。上野駅前「岡埜栄泉総本家」のパンダ。ふふふ、カワイイね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 28, 2011

いちごパフェ

こん○○は。ようこちゃんですっ!
だいちゃんと東京で待ち合わせしたんですが、待ち合わせの場所に行く途中の地下鉄の階段で、だいちゃんとめぐり合えましたぁ。やっぱり、運命を感じるわぁ。きゃっ。heart04

201103fukunaga
そして、だいちゃんと行ったのは、「フルーツパーラーフクナガ」。約1年10ヶ月ぶりです。今が旬の「いちごパフェ」を。ヘタ付きの大きいのが「あまおう」、半分にスライスされてるのが「とちおとめ」。食べ比べると、結構味が違うのね。甘さで言ったら「あまおう」が上かしら。でも、「とちおとめ」の程よい酸味もとってもグッド!だいちゃんは、「「とちおとめ」が断然うまい!!」って力説してました。栃木のいちごだもんね(^^)。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 27, 2011

世界一の高さ

ようこちゃんと東京で待ち合わせしたんですが、約束の時間まで少し時間があったので、「CANON EF-S 10-22mm F3.5-4.5 USM」で、世界一の高さになったスカイツリーを撮ってきました。

201103skytree1
どうでしょうか?逆さスカイツリー。水面に映るスカイツリーをバッチリ捉えることが出来ました!広角レンズの本領発揮ですな(^^)。
201103skytree2
もう一丁。こっちは、大好きな「CANON EF50mm F1.8 II」で。いい写真が撮れました(^^)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 26, 2011

一日に二度

3月の最初の週末、ちょこっと東京に行ってきました。ようこちゃんが、東京のお友達と会食があるというので、ぼくも夕方から合流という訳です。
で、ようこちゃんとの合流の前に、ちょっと遅めのランチを北千住LUMINEの「SUNNY DINER」で食べました。

201103sunny1
期間限定の「タルタルバーガー」。ジューシーなパティとタルタルソース、絶妙!
201103sunny2
昼間のビールは、うまい!怠惰な感じがまた良い!
いい気分で、ようこちゃんとの待ち合わせ場所に向いました。
で、ようこちゃんとおち合って、アチコチ歩いた後、ようこちゃんもハンバーガーを食べたいとのことだったので、もう一回「SUNNY DINER」へ。数時間前におじゃましたばかりなので、さすがに店員さんも覚えてくれていました(^^)。一日二度来店は、2人目とのことでした。
201103sunny3
またもやビール!特大、ビッチャーサイズ。
201103sunny4
ようこちゃんは、「パイナップルベーコン」。
201103sunny5
ぼくは、「エッグチーズ」。
久々の「SUNNY DINER」ハンバーガー、3種類全てうまかった!
余談ですが、ハンバーガーの写真は全て「CANON EF-S 10-22mm F3.5-4.5 USM」で撮影しました。広角で食べ物を撮ると、なかなかおもしろい出来になりますね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 25, 2011

フレンチの次はイタリアン

フランスから宇都宮に戻った最初の週末、パスタが食べたくなって、「TRATTORIA ITALIANA da RIOBA」へ行ってきました。前回は9月だったので、すごく久しぶりです。

201102riova1jpg
「前菜の盛り合わせ」。どれもおいしいなぁ。ワインを飲みたくなるね。
201102riova2
ようこちゃんは、「小海老とほうれん草のピリ辛トマトソーススパゲッティ」。トマトソースを欲していたんだって。
201102riova3
ぼくは、「自家製ミートボールと白菜のスパゲッティ」。ミートボールがとってもおいしい。これだけのメニューでもいいかも。
201102riova4
メインもオーダーしてみました。豚肉がジューシー。
201102riova5
「セミフレッド」。RIOVAのドルチェ、いつもおいしい。
「TRATTORIA ITALIANA da RIOBA」、次こそは夜に。ね、ようこちゃん。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 24, 2011

フランス旅行の総括

約1ヶ月におよんだフランスの報告、今回の総括で一区切りします。久々の長期の旅行だったので、ブログも気合が入ってしまいました(^^;)。お付き合いありがとうございました。

201102france148
総括としては、まず、当ブログ左側に、ぼくが撮ったフランスの写真集を掲載しました。小さいサムネイルをクリックすると、大きい写真が出てくるので、是非是非、ご覧ください!!
残りは、文字で。
1.予習が大切
 帰国後判明した事実があって、非常に残念な思いをしています。せっかく行くんだから、予習が大切ですね。
2.女性の言うことは正しい
 夫婦、恋人同士、男女二人で行くなら、男性は女性の言うことを最優先しましょう。食べたいものを食べ、行きたい所に行く。コレ、幸せの秘訣。いい旅行になること間違いなしです。
3.パリは、メトロ以外にバスも乗れると便利?
 バスの路線がよく分からなかったので、一度も乗りませんでした。でも、乗れるとかなり便利なハズ。時間が無い旅行者は、バスに乗れると時間の節約になると思います。
4.キタナイ
 パリは、街のアチコチにゴミ箱が設置されています。が、ソコココにゴミが捨てられてます。それと、犬のウンチ、シッコも点在。残念なのですが、写真に写る景色はキレイだけど、足元はキタナイのです。旅行者の皆さんは、ゴミは必ずゴミ箱へ。ウンチ、シッコにも要注意です。
5.ケムイ
 路上でタバコを吸う人が多い気がします。市民なのか旅行者なのかは判別できないけれど、とにかくケムイ。
6.タカイ
 カフェやビストロ、結構高額ですね。スーパーで売ってる食料品は、そうでもない気がするので、手間賃が高いのでしょう。おいしいけどね。

悪いことばかり書いちゃったけど、これは気に入った証拠です。食べ物はおいしいし(パンははずれなし)、写真は撮り甲斐がある。そして、何だかウキウキする。次回(いつになるかは分からないけど)は、もっともっと楽しめると思います。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

March 23, 2011

ここはどこ?

パリに旅立つ前に、「LE METRO」のマスターとあっこさんに、必ず地図を買うようにと教えてもらっていました。それを見れば、自分がどこにいるか分かるからって。なので、実践しました。そして、そのとおりでした(^^)。

201102france147
その地図ってのが、コレ。パリ市内の全ての通りの名前、メトロ、RER、トイレ、ヴェリヴ(レンタル自転車)、ポストなどなど、何でも載ってます。例えばこんな街角で自分の居場所が分からなくなってしまった場合、1.通りの角にくっついている通りの名前が書いてある看板を見つけます。2.地図の索引から通りの場所を見つけます。3.すると、自分の居場所が分かっちゃうという仕組み。うまく出来てます。その上、通りの名前が書いてある看板が、フォトジェニック。
Paris1
思いつくままに撮ってきたので、コラージュしてみました。パリは、何でも絵になるね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 22, 2011

フランスのお土産事情

ボン○○ール!ようこちゃんですっ!!
旅行と言えば何が大切?そう、お土産が大切。今日のエントリは、お土産披露ですっ。

201102france143
専属カメラマン(だいちゃん)にはもう少し上手に写真を撮って欲しかった(どうしてお座敷で撮るん・・・)けど、あたしとだいちゃんがフランスで購入したお土産は、これらで全てですぅ。だいちゃんの職場へのお土産がかさばったけれど、上手に梱包して、壊れることなく持って帰れましたぁ。以上の中から、少しだけ紹介しますねっ(^^)。
201102france135
モンサンミッシェルで買ったガラスの置物(奥)とアクセサリー(手前)です。数珠みたいのは、指環。かわいいけど、これはつけれないかな(^^;)。
続いて、スーパーのエコバッグ各種。
201102france144
「モノプリ」。
201102france146
「カジノ」。
201102france145
「ナチュラリア」。
そして、欲しくて欲しくて仕方なかったモノも手に入れましたっ。やっぱりバッグですが・・・。
201102france136
「ポワラーヌ」のパン袋!!これにバゲットを入れて歩きたいな。ふふっ。
201102france137
「エルベシャプリエ」のリュック!!これ欲しかったんだ。うれしいなぁって、ニヤニヤしてたら、だいちゃんに、「手、何個あるん。」と、冷たく言われました。男性には、バッグの魅力が分からないようです。
以上で、あたしからのフランス、パリの報告は、終了。行きたくても行けなかった所、食べれなかった料理、買えなかったお土産、次回への宿題が山積みですぅ。また連れてってね、だいちゃん。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 21, 2011

パリの鉄道事情

ボン○○ール!ようこちゃんですっ。
今日は、パリ初心者のあたしとだいちゃんが体験した、パリの鉄道を紹介しますっ。
パリ市内を走る鉄道は、メトロ(地下鉄)、RER(高速郊外鉄道)、SNCF(フランス国鉄)の3種類があるみたい。その中で、あたしとだいちゃんは、メトロとRERを利用しました。
RERは、パリ市内とその近郊の街を結ぶ路線。シャルル・ド・ゴール国際空港-パリ市内、ヴェルサイユ宮殿-パリ市内の移動で利用しました。飛行機から降りて荷物もスムーズに出てきて、意気揚々とパリ市内に向おうと空港内のRERの駅でキップを購入。しかし、そこで最初の洗礼を受けましたぁ(^^;)。券売機は日本のそれと同じようにタッチパネル。パリ市内まで2人分を選び、いざ購入というときに、紙幣が使えないことに気が付きました。コインかクレジットカードのみ(場所によっては、紙幣が使えるのもあります。)なんですよね。ガイドブックでこのことは知っていたはずなのに、パリを目の前にして、うれしくて忘れていたようです・・・。なので、その場でまごまごしていたら、となりでキップを購入した方が、自分のクレジットカードで、あたし達のキップの代金を支払ってくれたのです。いい人がいるんだなぁと、20ユーロ紙幣を手渡すと、おつりを少しごまかされましたぁ・・・。世の中、そう甘くはないですね。

201102france138
これは、ヴェルサイユ行きのRERの車内。落書きが外国っぽい。日本の列車のようには、キレイじゃない・・・。
201102france139
キップは、これです。RERにもメトロにも乗れます。写真のキップは、ヴェルサイユに行ったときのモノ。「MOBILIS」という一日乗り放題のキップです。パリ滞在中は、この「MOBILIS」が重宝しましたよっ。
201102france140
また、メトロでは降車時にはキップを機械に通しません(乗車時のみ)。なので、使用済みのキップが手元にたまってきます。前日分は当然使えないので、気をつけましょうね。だいちゃんは、何回か古いキップを乗車時に通しちゃってもたもたしてました(^^)。
201102france141

それから、メトロを使うときの注意点を、あたしとだいちゃんの体験から、いくつか紹介します。
1.ドアは自動では開かない
 メトロのドアは、一部の路線を除き半自動。ドアに付いてるレバーやボタンを操作して開けるんですね。最初は戸惑ったけど、だんだんスムーズに操作できるようになりましたっ。
2.エスカレーターやエレベーターが無い
 一部の駅を除き、便利なものは無いです。重い荷物を持った旅行者、身体が不自由な方、ベビーカーには、とっても厳しい環境です。
3.クサイ
 いろいろな海外の都市(ニューヨーク、ソウル、香港、台北)で地下鉄に乗ったけど、どこよりも臭かったなぁ・・・。
4.治安が悪い
 生まれて初めてスリに遭いました。と言っても、何も盗られてないのでご安心を。怖いと言われていたニューヨークの地下鉄でもこんなことはなかったので、かなりショックでした。
 では、詳報ですっ。メトロには、旅行者(特に日本人)をターゲットにしているグループがいるみたい。あたしとだいちゃんは、4番の路線でそういったスリグループ(男1人女2人)に遭遇。その手口は・・・
201102france142
あたしとだいちゃんは、ホームで電車の到着を待ってました。(写真は違う駅(プラス・モンジュ)だけど、このくらい空いてました。)
Suri1
あたしとだいちゃんは、ランチにと目論んだお店に2軒続けてふられたおかげで、ちょっとした小競り合いをして無口でした。そのときから、スリグループにロックオンされてたようです。
Suri2
電車が到着。スリスリとスリグループが寄ってきました。後で確認し合いましたが、あたしもだいちゃんも、「こいつら空いてるのに、何なんだ?」と思ってました。
Suri3
電車にスリ男、だいちゃん、スリ女1、スリ女2、あたしの順で乗ると、これまた空いているのに、スリグループはあたしとだいちゃんをブロックしてドア付近から移動しません。
Suri4
だいちゃんは、直前の小競り合いの「はけ口」をスリ男にぶつけ、スリ男を両手で突き飛ばして空席へ。でも、あたしはそれに付いて行けませんでした。「だいちゃん、あたしを置いて行くなんてひどいぃ」と思って、しょんぼりと顔を下に向けると、スリ女2の手が、締めていたはずのあたしのバッグのファスナーをいつのまにか開け、お財布に手をかけていたのですっ!!すかさず、「あんたっ、何やってんのよっ!!盗ろうとしてたでしょ!!!」と日本語で怒鳴ると、手を引っ込めて、「何もしてない」みたいな表情でとぼけるスリ女2。
Suri5
あたしの怒鳴り声を聞いただいちゃんが戻り、スリグループとひと悶着あった後、空席へ移動しました。そうこうしている内に、次の駅へ到着。スリグループは、悪態をついて下りて行きました。すると、周りの方が心配そうにあたし達に声をかけてくれて、「あいつらは馬鹿だから気にするな」みたいな事を言ってくれました。嫌な気分になってしまったけど、その後は仲直りしてふたりの絆が深まった感じに。ランチが出来ずに揉めてた事も忘れて、いい雰囲気に戻れました。ちょっぴりうれしかったですぅ。
で、この話には後日談が。ルーブル美術館を観た後のメトロ。同じく4番の路線。ホームはもの凄く混んでいたんですが、同じスリグループを発見したんですっ!!スリグループもあたしを確認。スリ女2があたしのことを覚えてたみたいで、何か悪口を言っていました。だいちゃんは冷静に、「あいつら、もっと仲間がいる。」と。「似た顔のヤツがいる」って言うんです。あたしはよく分からず、スリ女2をニラミ続けてたんですが、電車が入ってきてドアが開くと、だいちゃんがダッシュ。何かと思ったら、日本人旅行者の女の子達がスリグループの仲間(だいちゃんが言うとおり人数が増えていたっ!)に囲まれて電車に乗ろうとしてるところに割って入り、スリグループを指差して「こいつらスリだから気をつけて」と言って、女の子達がその車両に乗らないようにしました。女の子達は、かなり驚いていたけど、「触られて変だな?って思ってたんです。ありがとうございます。」とのこと。スリグループにはまたもや悪態をつかれたけど、被害を防げて良かったっ!このスリグループは、しゃべってる言葉と顔つきから判断するに、たぶんフランス人じゃないです。スリ男以外は、全員女。スリ女4までいました。そして、若いです。このグループはスリ男がリーダーなんだろうけど、このスリ男もどこかで指令を受けている感じでしたね。胸元にマイクと耳にはイヤフォンがあったから。組織的です。これからパリへ旅行される方々、メトロは、空いてても混んでても、その他いろいろ、要注意ですっ!!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 20, 2011

パリのB級グルメ事情

ボン○○ール!ようこちゃんですっ!!
今日は、B級グルメと言っては失礼なほどおいしかった、パリでの食べ物を紹介しますっ!

201102france124
ルーブル美術館近く、リヴォリ通りにあったパン屋さんで、ブルスケッタと
201102france125
サンドウィッチを購入。パリで食べたパンは、はずれが無かった。安くておいしいですっ。
201102france126
ムフタール通りをウロウロしてたときに、偶然見つけたクレープ屋さんのクレープ。具だくさんでおいしいっ!!
201102france127
「オ・プティ・グレッグ」というギリシア系のお店ですぅ。写真には写ってないけど、行列が出来るほどの人気店みたい。学生風の人が多かったな。それと、あたし、注文をとってもらうときに、「マドモアゼル」って呼ばれちゃったぁ(^^)。フランスの女性は、「マダム」と呼ばれる方がうれしいみたいだけど、あたしは「マドモアゼル」と呼ばれてうれしかったっ。ウキッっとしちゃった。
201102france128
「オ・プティ・グレッグ」では、甘いクレープももちろん食べました。こちらも具だくさんっ。
201102france129
「サクレ・クール寺院」下のクレープ屋さんのクレープ。観光地のクレープは、具が少なく、けど高額でした・・・。
201102france130
だいちゃんも紹介したけど、あたしも書きたいので。「ラス・デュ・ファラフェル」。写ってないけど、左側に行列があります。(右の人は、「LE METRO」の常連のAヤギさん?)
201102france131
「ファラフェル」ね。こういうの日本でも流行ると思うなぁ。
201102france132
「GROM」のジェラート。だいちゃんが紹介した別の日にも行きましたぁ。東京にもあるみたいなので、行かなくっちゃね。
B級グルメ事情、いかがです?パリは、街のあちこちにおいしいお店があって、困ってしまいますぅ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 19, 2011

フランスのホテル事情

ボン○○ール!ようこちゃんですっ!!
ご無沙汰してましたぁ。だいちゃんが、はりきってフランスのことをエントリし続けてたので、あたしの書きたいこともかなり書かれてしまいましたぁ。でも、だいちゃんが書き残したことを少しだけれど、書きますねっ。よろしくお願いしまぁす。

あたしとだいちゃんは、モンサンミッシェルの近くに1泊、パリに6泊。ホテルを延べ4軒ハシゴしましたっ。

201102france133
「Normandy Hotel」。1泊目と3泊目に宿泊しました。最寄駅は、メトロの「パレ・ロワイヤル・ミュゼ・デュ・ルーブル」。駅の名前が示すとおり、とにかく便利な場所にありますっ。
201102france117
こちらは、3泊目のお部屋。かなり広かったですっ。
201102france118
2泊目は、モンサンミッシェルの対岸の「Le Relais Saint Michel」。田舎なので、とっても広いお部屋。このホテルのウリは、なんと言っても・・・
201102france134
窓からドドンと見える、この景色なり。
201102france119
4泊目と5泊目は、「Hotel des Grandes Ecoles」。最寄り駅は、メトロの「カルディナル・ルモワーヌ」か「プラス・モンジュ」。「カルチェ・ラタン」と呼ばれる地区にあります。パンテオンやソルボンヌ大学もすぐ近く。ちょっと歩くと、賑やかな「ムフタール通り」があって、夜遊びも大丈夫。でも、冷蔵庫が無かった・・・。(食べ物の持ち込み禁止でした)
201102france121
とってもいい雰囲気の中庭がありましたぁ。パリのおうちってこんな感じなのかしら?
201102france120
朝食をルームサービスでお願いしてみましたっ。パンがおいしいのなんのって。おいしさを伝えるいい言葉が思いつきませんっ。
201102france122
6泊目と7泊目は、「Pavillon Nation」。最寄り駅は「ナシオン」。ナシオン広場からすぐのところです。ナシオン駅には、メトロとRER両方が乗り入れていて、移動にはとっても便利。赤と白を基調とした都会的な感じのホテルでした。
201102france123
バスルームも洗練されてますっ。また、このホテルの対面には、「Monoprix(モノプリ)」という大型スーパーが店を構えていまして、とっても便利。2日間の滞在で、3回行きました(^^;)。

フランスでの1週間、いろいろなタイプのホテルに泊まってみたけど、それぞれ良かったですねぇ。敢えて1番をあげるとしたら、「Pavillon Nation」かな。場所がとっても良いんです。でも、「Hotel des Grandes Ecoles」も良かったなぁ。「カルチェ・ラタン」という地区も、魅力的だったし。またパリに行きたいよぉ。だいちゃん、どおする?

| | Comments (4) | TrackBack (0)

March 18, 2011

フランスを歩いた Vingt chapitre

「フランスを歩いた」シリーズもこれで20回目。フランス最後の夜と、帰国の朝の話題を。つまり、これでぼくからの報告は、最後(とは言っても、写真集を公開準備中。)です。

201102france110
最後の夜は、ようこちゃんとホテルの部屋で宴会にしました。宿泊したホテルの対面に「Monoprix(モノプリ)」という大きなスーパーがあったので、お惣菜とワインを買い込んで、カンパイです。ちなみに、ワインオープナーが部屋に無く(フランスだからあると思い込んでいた)、フロントに借りに行ったら、貸し出しは無いとのこと・・・。仕方ないので、少々ムッときながらも、近所のカフェに行って開けてもらいました。カフェの店員さん、最初は、変な東洋人が来たなみたいな顔つきだったけど、このワインを開けてくれとのジェスチャーをすると、笑いながらカッコよく開けてくれました(^^)。「メルシー」とお礼を言って、ホテルへ戻って開宴。モノプリで買ったお惣菜と写ってないけど、これまで買い込んだ食べ物を食べて、ワインを飲んで、楽しい夜となりました。
明くる朝、ようこちゃんが荷造りしてる間に、ぼくはひとりメトロに乗って、モントルグイユ通りの「Stohrer(ストレール)」へお菓子を買いに出かけました。そして、ぼくの独断で購入したのが以下のとおり。
201102france111
「クロワッサン」。これ、おいしい!
201102france112
「オレンジのタルト」。甘酸っぱい香りが部屋に広がりました。
201102france113
「チョコのタルト」。チョコのテカテカ具合、いいでしょう(^^)。
「Stohrer(ストレール)」、次は絶対にようこちゃんと行かなくちゃ。ようこちゃん、きっと喜ぶと思うんだ。
201102france115
そしてあっという間に、「シャルル・ド・ゴール国際空港」で離陸の時間。
201102france116
往路と同様、アッパーデッキへ(^^)。ようこちゃんもぼくも、機内でほとんど寝ることと無く、無事成田へ降り立ちました。ふぅっ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 17, 2011

フランスを歩いた Dix-neuf chapitre

ルーブル美術館の後は、オルセー美術館に行きたかったけど、諦めました。ようこちゃんが行きたがってるところも行かなくちゃね。と、ようこちゃんに連れてってもらったのは、「マレ地区」。この辺りは、いろいろな国の方々がいらっしゃる地域のような気がしたけど、気のせいかな?アジアな感じだったり、中東の感じがしたり。次にパリに行ったら、重点的に回ってみたい地域ですね。

201102france106
「ポンピドゥー・センター」。斬新なデザインの建物。結構いろいろな場所からこの建物が見えることが多く、何だろね?と思ってたのですが、これだったのね。芸術・文化関連の複合施設とのこと。時間が無いので、中は見れませんでした。
201102france107
この後、テクテク歩いて、「ロジエ通り」へ。
201102france114
おいしそうなお菓子屋さん(パン屋さん?)で、ようこちゃんがお買い物した後は?
201102france108
「ラス・デュ・ファラフェル」で、「ファラフェル」を食べました。行列に並ぶと、怪しげな兄ちゃんに、「ファラフェルか?」と聞かれ、「アン」。と答えると、5ユーロと引き換えにこの紙をもらいました。だまされてないよな?と思いつつ待ってると・・・
201102france109
デデンっと登場!まあるいのが「ファラフェル」。ピタパンにファラフェル、野菜などなどがサンドされてるおいしい食べ物でした。
少しお腹が膨れた後は、同じロジエ通りにある「COS(コス)」という洋服屋さんへ。H&Mの大人ラインの洋服のお店なのだそう。ぼくが、お店の中のベンチで小休止させてもらってる間に、ようこちゃんが数点お買い上げです(^^)。
そして、雨が降ってきたけどまたまた歩いて、「ナチュラリア」というオーガニックを扱うスーパーで、エコバックと塩を手に入れて、バスティーユ広場経由で「ブルターニュ通り」界隈へ。お土産購入が目的です。「ロスマール」という香水や石鹸を売るお店に行きました。ステキなお店だったけど、ちょっと高額。諦めて、「ローズ・ベーカリー2」というカフェで休憩しようかとおもったけど、閉店時間に。仕方ないので、タルトをひとつテイクアウトして、ホテルに戻りました。ヘトヘトです・・・。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 16, 2011

フランスを歩いた Dix-huit chapitre

長らく続けているパリでの出来事、残り2日を紹介するところまで来ました。と言っても、最後の日は、ほぼ移動だけなので、実質はこの日(2/23(水))がパリでの最後となります。
先日(2/21(月))、あまりの行列に退散した「ノートルダム寺院」に、再チャレンジ。ちょこっとだけ待って、塔に登りました。あえて「登」という字を使ったけど、階段、大変でした・・・。

201102france101
目的は、この写真を撮るため。右の怪獣と共に、エッフェル塔からサクレ・クール寺院(怪獣の羽の辺りにかすかに見える)まで納まったので、良しとします(^^)。
この後は、駆け足でノートルダムの鐘を見てから、急な階段を下り、ルーブル美術館へ。既にもの凄い人だったけど、ミュージアムパスを持ってるようこちゃんとぼくは、並ぶことなくスルスルと入館できました。
201102france102
階段の上にあるのは、
201102france103
「サモトラケのニケ」。ぼくは、ここが一番良かったな。
201102france104
「モナリザの間」。人垣の向うに小さく見えるのが、「モナリザ」です。
201102france105
モナリザの横から、お客さんを撮ってみました。ほぼ全員がカメラで撮影している・・・。絵に背を向けてる人もいますね(^^;)。生意気なことを言ってるかもしれないけど、この美術館、美術品の観賞には適さないですね。この他、駆け足でドラクロワやダヴィッド、ミケランジェロなどなどを見て、次の目的地へ。時間が足らないです・・・。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 15, 2011

フランスを歩いた Dix-sept chapitre

歩きまわった火曜日もそろそろ終盤。「LE METRO」のあっこさんに、絶対に写真を撮ってきてねとリクエストしてもらっていた場所に行きました。

201102france100
「Pont des Arts(ポンデザール)」からの眺めです。すばらしい景色でした!!寒くなければ、何時間でもいたい気分でしたよ。
さて、この「Pont des Arts(ポンデザール)」、歩行者用の橋なのですね。歩く部分が木で出来てるようなので、かなり揺れます。撮影、結構苦労しました(^^;)。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 14, 2011

フランスを歩いた Seize chapitre

パリでの会合の後、ホテルを移るために移動を開始。その道すがら、立派な教会があったので見学させてもらいました。

201102france094
「サン・シュルピス教会」。パリって、何気に立派な教会があるので、驚きます。
201102france095
内部です。大きい!
201102france096
世界最大級のパイプオルガンなのだそうです。
そして、新しいホテルにチェックイン後は、「モンマルトル」へ。
201102france097

201102france098
モンマルトルと言えば、「サクレ・クール寺院」。
201102france099
そして、この眺め。もう少しキレイな夕日を期待したけど、まずまずでしょうかね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 13, 2011

フランスを歩いた Quinze chapitre

この度の大地震に被災された方々にお見舞い申し上げますとともに、不幸にもお亡くなりになった方々のご冥福をお祈りいたします。

今までに経験したことの無い大きな地震から1日以上経過し、被害の状況が刻々と明らかになってきました。自然の猛威の前には、人間は小さな存在であるなと改めて感じます。僕自身、何も役に立つことができず、無力さを痛感しています・・・。

ぼくに出来ることとしたら、明るい話題のブログをアップすることくらい。不謹慎かもしれないけど、フランスの話題、続けます。

「パンテオン」を見学した後、偶然にもパリに滞在している、「LE METRO」のマスターとあっこさん、そして当ブログにコメントを付けてくださるnocciさんと5人でランチをしました。「サン・ジェルマン・デ・プレ」の「Le Comptoir(ル・コントワー)」。夜の席は半年先まで埋まってるという超人気店なのだそう。期待大。

201102france084
ランチは予約が無くてもOKとのことで、開店30分前から並びました。でも、この日だけかもしれないけど、オンタイムでも座れたね(^^;)。
201102france085
「白ワイン」でスタート。端っこに座ってたせいなのか、ぼくがテイスティングを任されてしまった(^^;)。何を飲んでもおいしいので、ちょこっと口を付けて、ニコッとしてテイスティング終了。この場面で、「ノン」と言える人っているのかな?
201102france086
「炭酸水」も頼んでもらいました。これ、日本で飲むと結構なお値段だそうです。
201102france087
5人分の料理は撮影してないので、ようこちゃんとぼくがオーダーした料理だけ紹介します。まず、「くいしんぼうのサラダ」。フォアグラがドカッと。さほど大盛りではなかったです。
201102france088
「エスカルゴ」。うまい!!
201102france089
ぼくのメイン、「イベリコ豚のなんとか」。骨付きだったけど、キレイに食べれた。いい味でしたよ。
201102france090
ようこちゃんのメインは、「マグロのソテー」。これは、鉄板ですね。
201102france091
食後に、ぼくは「パンナコッタ」。あたり前だけど、甘い。
201102france092
ようこちゃんは、「リオレ」。これは、おもしろいね。おいしかった。
「Le Comptoir(ル・コントワー)」、人気のビストロってことで、いい経験させてもらいました。でも、ちょっと高価だったかな(^^;)。
さて、昼間からワインをいただいていい気分の中、みんなで歩いて「Poilane(ポワラーヌ)」というパン屋さんまで行きました。ようこちゃんがあこがれてたパン屋さん。でも、パンは買わず、おいしいと評判(実際、とってもおいしかった)のクッキーと、パン袋を購入。大喜びしてて、ぼくもうれしくなりました。
ここまでで、パリでの会合は終了。チャンスがあれば、またご一緒したいですね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 12, 2011

フランスを歩いた Quatorze chapitre

歩きまわった月曜日から一夜明けた2/22(火)、早々にホテルをチェックアウト(荷物は預かってもらった)し、ホテル近くの「パンテオン」を見学に行きました。パンテオンは、フランスの英雄達が埋葬されている神殿。つまりは、お墓でいいのでしょうか。あまり期待してなかったけど、すごかったです。

201102france081
「ファサード」。レリーフがすばらしい。
201102france082
ファサードをくぐって内部へ。太い柱に圧倒されました。
201102france078
内部には、地球の自転を証明したという「フーコーの振り子」があります。
201102france079
広角レンズの本領発揮といったところでしょうか(^^;)。
201102france083
地下にはお墓がありましたが、薄暗いので撮影はしませんでした。で、外に出ると正面にエッフェル塔が見えました。
201102france080
パンテオンの全体が見える場所から。ちょっと引きすぎたかな。
「パンテオン」、平日の午前中だったためか、観光客はほとんどいなくてひっそりしてました。でも、見応えのある場所ですよ。オススメです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 11, 2011

フランスを歩いた Treize chapitre

疲労困憊のパリでの月曜日、最後の仕上げは「エッフェル塔」近くの「サン・ドミニク通り」。メトロではちょっと行きにくい場所だったけど、頑張りました。

201102france076
まずは、「Lemoine(ルモワーヌ)」。ようこちゃんによると、「カヌレ」専門店とのこと。入ってみるとカヌレ以外も、おいしそうなお菓子がたくさん。ようこちゃんうれしそう。そして、こちらのマダムは日本人でした。日本語が通じるのはうれしいですね。ようこちゃん、マダムを質問攻めにして、ご覧の品を購入です。
201102france075
「ヌガー」。見た目ほど甘くなくて美味。
201102france077
「マカロン」。これも、おいしかった。「白あん」ってのがありました(^^)。
201102france069
そして、この日のメインは、「Les Cocottes(レ・ココット)」。予約が要らないビストロとのことで、開店時間チョイ前に行ってみました。結果は、バッチリ。開店と同時に席に案内してもらえました。ようこちゃんは、「キール」。ぼくは「ビール」。韻を踏んでるみたいだけど、ぼく、最初はビールがいいです。
201102france071
「サラダ菜の細切りとカニのクリーム和え」。サッパリしてておいしい!
201102france070
「白ワイン」。デカンタでいただきました。また、氷を入れたクーラーがクールでカッコよい。別の場所で売っているのを見つけ、お土産として購入しました。
201102france072
「豚足と野菜を詰めたジャガイモのファルシ」。これは、最高だった。うめぇ。
201102france073
「季節の野菜のココット」。こちらもおいしい。野菜のおいしさがダイレクトに味わえました。
201102france074
「コンスタン氏のチョコレートタルト」。コンスタン氏とは、この店のオーナーシェフ。名前が付いたメニューだけあって、うまかったです(^^)。
「Les Cocottes(レ・ココット)」、気が付くと順番を待つ人の列がズラーッと。人気店だったんですね。このおいしさなら納得。次にパリへ行ったら、また訪れたいお店です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 10, 2011

フランスを歩いた Douze chapitre

パリでの2/21(月)の出来事、後半戦。「サン・ジェルマン・デ・プレ」から、「エッフェル塔」を観に行きました。雨が降ってたけど、それもまた良しとしましょう。

201102france063
エッフェル塔がキレイに見えるという「ジャイヨ宮」からの一枚。この景色に、パリにいるんだ!と、ようこちゃんもぼくも改めて感じました。
201102france064
お気に入りの一枚。
201102france065
コンコルド広場から、エッフェル塔方面。
201102france066

201102france067
コンコルド広場のお隣「オランジュリー美術館」で、「モネ」の「睡蓮」を観賞。ス・バ・ラ・シ・イ!!時間さえ許せば、この前で何時間でもいたい気分。
この後、ルーブル美術館へも足を延ばしましたが、ぼくがもたもたしている間に、タイムアップ・・・。モナリザは、壁の向うにいるのに、見れませんでした。なかなか厳しい月曜日だ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 09, 2011

フランスを歩いた Onze chapitre

フランスの旅行記を続けてますが、このエントリは2/21(月)の話題を。
モンサンミッシェルに2日間を使ったので、パリの観光が駆け足になってきました。どう考えても時間が足りない・・・。この日は、結構早起きして動き出したんですが・・・

201102france057
まずは、「ノートルダム寺院」から。聖堂内部を歩きました。ほんとは塔に登りたかったんだけど、行列が長かったので諦めました。なお、「ノートルダム寺院」の写真はたくさん撮ったので、別途発表の場を作ろうかな。
この後は、早めのランチにしようと目的のお店に行ってみたのですが、なんとお休み。滑り止めにと考えていたお店もお休み。パリは、日曜日はお休みが多いと聞いていたのですが、月曜もダメみたいです。しかも、メトロでの移動中に大変な目にも遭いました。これについては後日、ようこちゃんが詳しく伝えてくれると思います。で、最終的には、「サン・ジェルマン・デ・プレ」の「ラ・パレット(La Palette)」へ。
201102france058
「ビール」を飲んじゃった(^^)。
201102france059
ようこちゃんは、本日のランチとして黒板に書いてあった「クスクス」。
201102france060
ぼくは、「ステーキ」。こういう肉肉しいヤツを食べてみたかったのです。
ペロッと平らげて先を急いだんですけど、「サン・ジェルマン・デ・プレ」界隈、ようこちゃんがかなり気に入った様子。なかなか歩が進まず・・・
201102france061
「GROM」で、小休止。バニラとピスタチオのジェラート。
201102france062
雨が降り出した(><)ので、「レ・ドゥ・マゴ(Les Deux Magots)」で、またまた小休止。そんなこんなで、この日は予定どおりに動けなかったけど、そんな時もあっていいかな。といっても、濃密な月曜日、まだまだ続きます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 08, 2011

フランスを歩いた Dix chapitre

ヴェルサイユからパリ市内へ戻って、ホテルを移動しました。今回は、ようこちゃんのリクエストによりいろいろなホテルに宿泊することにしました。ホテルについては、別途エントリしようかと思ってます。で、新しいホテルにチェックインした後、「凱旋門」へ行きました。

201102france055
「エトワール凱旋門」。エトワールと付けたけど、凱旋門って言ったらコレですね。アーチの彼方に、「新凱旋門(グランダルシュ)」が小さく写ってるんですけど、分かりますか?
201102france056
「凱旋門」は登れるんです。螺旋階段(270段?)を頑張って登って手に入れた一枚。エッフェル塔のキラキラバージョンです。キレイでした。ちなみに、前述の螺旋階段ですが、帰りはエレベータで一瞬で下まで降ろしてもらっちゃいました(^^;)。次回は、登りも是非、お願いします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 07, 2011

フランスを歩いた Neuf chapitre

フランスに来て4日目の日曜日、「ヴェルサイユ宮殿」を観に行きました。ヴェルサイユ宮殿へは、日本人向けのたくさんのツアーがありますが、ようこちゃんとぼくは、パリ市内からメトロとRER(高速郊外鉄道)を乗り継いで、自力で行ってみました。

201102france050
駅から数分歩くと、ご覧のとおり。ヴェルサイユ宮殿です。
201102france051
見学のスタートは、「王室礼拝堂」から。
201102france052
宮殿内は、とにかく大混雑。こちらは、「鏡の回廊」。見学のクライマックス。これを作るのに大借金をして王朝が衰退していったそう・・・。
201102france053
広ーーい庭園も歩きました(^^)。とにかく、歩きました・・・。
201102france054
「グラン・トリアノン」。美しかった。

「ヴェルサイユ宮殿」は、とにかく広かった。2時間ぐらいでサクッと終わらせようと思ってたけど、甘かったです。結局、早足で回っても約5時間(宮殿内のアンジェリーナでの休憩も含む)はかかったかな。大幅に予定が狂ってしまいました・・・。これからヴェルサイユに行かれる方は要注意。それに、冬のお庭は殺風景ですね(^^;)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 06, 2011

フランスを歩いた Huit chapitre

モンサンミッシェルからはバスでパリ市内へ。21時前に到着し、初日に宿泊したパレロワイヤル近くホテルに再度チェックイン。お腹が空いたので、その勢いのまま近くのビストロへ行きました。パレロワイヤルの横の道をちょこっと歩くと、目指していたお店がありました。「Juveniles(ジュヴェニルズ)」。世界各地のワインと料理が楽しめるビストロです。通りから店内を覗くと満席に見えましたが、構わずドアを開けると隅っこに席を用意してくれました。ラッキー!しかも、店員さんの一人が日本人。心強い(^^)。

201102france043
ご覧のワインをいただきました。1本は飲みきれないかなと思ったけど、料理と共にいただいたらスルッと飲めてしまいました。
201102france044
「チコリのサラダ」。苦味がありまして、大人な味。ワインによく合いました。こんなにたくさんのチコリを食べたのは初めてです。
201102france045
「仔牛のパン粉焼き」。これおいしい!付けあわせがフレンチフライじゃないのも、うれしい。
201102france046
「ウサギ肉のクリーム煮」。これまたおいしい!!ようこちゃんもぼくもウサギを食べるのは初めてだったけど、かわいいウサギは、こんなにもおいしいのですね。
「Juveniles(ジュヴェニルズ)」、ビストロなので気取りが無くワイワイと楽しめるいいお店でした。ルーブル美術館やパレロワイヤルからも近い場所にあるので、観光途中の休憩にもいいかもしれません。
201102france047

201102france048

201102france049

ホテルに戻る道すがら、スナップしてみました。パリは照明がとってもキレイですね。とってもいい雰囲気でした。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 05, 2011

フランスを歩いた Sept chapitre

モンサンミッシェルで迎えた朝は、あいにくの雨でした・・・。でも、めげずに修道院を見学しました。

201102france035
モンサンミッシェル最上部、「西のテラス」からの眺め。
201102france036
大天使ミカエルも近くに見えます。
201102france037
「修道院附属教会」。厳粛な気持ちになりました。
201102france038

201102france039
「回廊」。僧達がここを歩きながら瞑想したそうです。
201102france040
「食堂」。光がたくさん差し込んで、穏やかな気分になります。
201102france041
「貴賓室」。美しい天井です。
201102france042
「騎士の間」。修道士達の仕事部屋だそうです。修道士達の生活の場の中で、唯一暖炉があった場所とのこと。

モンサンミッシェル、いかがだったでしょうか?外から見る景色が美しいと思っていましたが、修道院内もとっても見応えがあり、ようこちゃんもぼくも、ただただ感激。この場所に2日間のスケジュールを割いて、本当に良かったです。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

March 04, 2011

フランスを歩いた Six chapitre

モンサンミッシェルには、対岸の街にホテルやレストランがある他、島内にも修道院へ続く参道沿いに、たくさんのお店がありました。今日のエントリでは、それらを紹介します。

201102france027
「エスプレッソ」。
201102france028
「クレープ(その1)」。
201102france029
「クレープ(その2)」。オーダーしたものと違うモノが最初サーブされましたが、ようこちゃんが得意のフランス語で出し直すよう指示。頼りになります(^^)。
201102france030
ゆうごはん。ぼくは、「子羊のソテー」。
201102france031
ようこちゃんは、「山盛りムール貝」。ナイフとフォークを使って身を外してたら、ギャルソンに「貝殻でつまんで、身を取るんだよ」と教えてもらいました。
201102france032
島内のケーキ屋さんで買った「タルト」
201102france033
同じく、「アップルパイ」。リンゴが名産の地域だけあって、とてもおいしいです。
201102france034
ホテルのレストランにて。モンサンミッシェルを見ながら朝ご飯食べれるなんて、幸せな気分でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 03, 2011

フランスを歩いた Cinq chapitre

モンサンミッシェルの城壁をグルッと回って、いったんホテルに戻りました。堤防をテクテク歩いて。

201102france022
何度も振り返り写真を撮影しながらホテルへ。
201102france023
部屋からモンサンミッシェルが見えるホテルに宿泊。最高のお部屋でした。
201102france024
夜、食事をするためにもう一度モンサンミッシェルへ。このときは、路線バス(2.2ユーロ)を使いました。食事を終えて外に出ると、潮が満ちていい雰囲気になってました!
201102france025
再度、堤防をテクテク歩いてホテルへ。この日は、よく歩いたなぁ(^^)。部屋の窓からは、モンサンミッシェルの夜景も見事に見えます。
201102france026
朝霧の中のモンサンミッシェル。はるばるやってきて、本当によかった。ようこちゃんもとっても喜んでくれました!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 02, 2011

フランスを歩いた Quatre chapitre

モンサンミッシェルまでやってきました。ぼく、ココに来るのを夢見ていたのです。(ようこちゃんは2回目の来訪)とにかくうれしい!なので、いっぱい写真を撮りました。

201102france017
バスの駐車場に到着してすぐに撮った写真。このときの青空は、すごかった!
201102france018
ツアーのガイドさんに導かれて、修道院が島内でもっとも美しく見えるという場所でパチリ。確かにキレイです。この場所、穴場だそうです(^^)。
201102france019
反対側に目を向けると、干潟が広がります。
201102france020
周りを囲む城壁からの一枚。雲が多くなってきました・・・。
201102france021
修道院のてっぺんにいらっしゃるのは、大天使ミカエル。この1枚を撮るために、300mmの望遠レンズを持って行きました。重かったけど、苦労して持って行ってよかった(^^;)。

さてこの日は、モンサンミッシェルの対岸にあるホテルに1泊しました。なので、モンサンミッシェルの話題、まだまだ続きます。お楽しみに。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 01, 2011

フランスを歩いた Trois chapitre

フランス最初の夜は、カフェに1軒行っただけで、ようこちゃんもぼくもギブアップ。ホテルに戻ってスヤーッと寝てしまいました(^^;)。そして、2日目の朝は、日が昇る前にホテルをチェックアウトして現地のツアーに参加しました。

201102france010
ツアーの目的地までは、バスで数時間。途中、ラ・ブイユ村という小さな田舎町に立ち寄り小休止。
201102france011
教会があったので、見学させてもらいました。ステキですね。
201102france012
バスは、高速道路のサービスエリアにも寄ってくれました。ぼく、こういうディスプレイが好きなのです。
201102france013
このツアーの目的地は、ノルマンディー地方にあります。ノルマンディーはリンゴが有名なのだそうで、そのリンゴを使った「シードル」が名物なんですって。ご覧のシードルは、お昼の休憩のときに出てきたモノ。色はきれいだけど、ぼくの口には合わなかった(^^;)。
201102france014
ツアーの最終的な目的地は、この「フワフワオムレツ」が有名なところ・・・。このオムレツも、ぼくには合わない・・・。
201102france015
でも、この「アップルパイ」と「アイスクリーム」は、とってもおいしかった!
201102france016
で、かなり引っ張りましたが、ここに行ってきたんです。
「モンサンミッシェル」。ついに来ました!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2011 | Main | April 2011 »