« フランスを歩いた Dix-huit chapitre | Main | フランスを歩いた Vingt chapitre »

March 17, 2011

フランスを歩いた Dix-neuf chapitre

ルーブル美術館の後は、オルセー美術館に行きたかったけど、諦めました。ようこちゃんが行きたがってるところも行かなくちゃね。と、ようこちゃんに連れてってもらったのは、「マレ地区」。この辺りは、いろいろな国の方々がいらっしゃる地域のような気がしたけど、気のせいかな?アジアな感じだったり、中東の感じがしたり。次にパリに行ったら、重点的に回ってみたい地域ですね。

201102france106
「ポンピドゥー・センター」。斬新なデザインの建物。結構いろいろな場所からこの建物が見えることが多く、何だろね?と思ってたのですが、これだったのね。芸術・文化関連の複合施設とのこと。時間が無いので、中は見れませんでした。
201102france107
この後、テクテク歩いて、「ロジエ通り」へ。
201102france114
おいしそうなお菓子屋さん(パン屋さん?)で、ようこちゃんがお買い物した後は?
201102france108
「ラス・デュ・ファラフェル」で、「ファラフェル」を食べました。行列に並ぶと、怪しげな兄ちゃんに、「ファラフェルか?」と聞かれ、「アン」。と答えると、5ユーロと引き換えにこの紙をもらいました。だまされてないよな?と思いつつ待ってると・・・
201102france109
デデンっと登場!まあるいのが「ファラフェル」。ピタパンにファラフェル、野菜などなどがサンドされてるおいしい食べ物でした。
少しお腹が膨れた後は、同じロジエ通りにある「COS(コス)」という洋服屋さんへ。H&Mの大人ラインの洋服のお店なのだそう。ぼくが、お店の中のベンチで小休止させてもらってる間に、ようこちゃんが数点お買い上げです(^^)。
そして、雨が降ってきたけどまたまた歩いて、「ナチュラリア」というオーガニックを扱うスーパーで、エコバックと塩を手に入れて、バスティーユ広場経由で「ブルターニュ通り」界隈へ。お土産購入が目的です。「ロスマール」という香水や石鹸を売るお店に行きました。ステキなお店だったけど、ちょっと高額。諦めて、「ローズ・ベーカリー2」というカフェで休憩しようかとおもったけど、閉店時間に。仕方ないので、タルトをひとつテイクアウトして、ホテルに戻りました。ヘトヘトです・・・。

|

« フランスを歩いた Dix-huit chapitre | Main | フランスを歩いた Vingt chapitre »

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

ぼんそわ、だいちゃんようこちゃん!

わかるよ〜、疲れちゃうの!だっていっぱい行きたい所あるもの!
使用済オムツ的ファラフェル、いったんですね!
どお?ずっしり重かったでしょ?!でも、それが美味しいんだよね〜!

Posted by: あっこ | March 17, 2011 at 01:04

あっこさん、ボン○○ール!
ファラフェル、おいしかった!!
たしかに、オムツみたいだねぇ(^^;)。

Posted by: だいちゃんとようこちゃん | March 17, 2011 at 20:05

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91555/51122620

Listed below are links to weblogs that reference フランスを歩いた Dix-neuf chapitre:

« フランスを歩いた Dix-huit chapitre | Main | フランスを歩いた Vingt chapitre »