« 誕生日はソウルで vol.2 | Main | 誕生日はソウルで vol.3 »

April 27, 2010

ようこちゃんも憂える

「誕生日はソウルで」シリーズ、ちょっと中断です。桜の写真やロードバイクの話題で盛り上がっていてすっかり乗り遅れてしまいましたが、宇都宮オリオン通りのマクドナルドが今月末で閉店するそうですね。下野新聞には、「マックよお前もか・・・」との記事もあったようで・・・。これはかなりの衝撃。末期症状。言葉がありません。
ぼくの記憶では、福田屋さんが中心地から退いたあたりから、悪い流れが始まったのかなと思います。大型店では、西武、LOFT、アムス(後109)、それと上野さんがいなくなった。それに、新星堂にABCマートも。ファーストフード店では、記憶に新しいロッテリアに吉牛、ミスド、SUBWAY、ケンチキ、モスもあったのに・・・。ようこちゃんは、ケンチキとモスがいなくなったあたりから、かなり深刻になっていました。こうなると、次を予想しちゃいますよね。○ル○、○武の経営陣の話題には、宇都宮からの撤退、もちろん挙がってるでしょうね。まずい、ほんとまずい。どうすりゃいいの。
宇都宮中心部のどこがダメか?郊外の大型店に人が流れてるって言うけれど、我家はあまりそちらへ行かないんですよね。割りと街中に住んでるってのもあるけれど。休日はほとんど車に乗らないし。中心街に住む人が増えるといいのかな。分かんないなぁ。負のスパイラルです。
ちょっと話題が変わるけど、宇都宮って観光地ではないですよね。ようこちゃんのお友達が時々遊びに来てくれるけど、遠くへ連れ出しちゃうもん。だから人を呼ぶんじゃなくて、やっぱり住んでもらわにゃダメなんでしょうね。法人税安くして企業をたくさん誘致して街中に住んでもらうとか、上下水道料金タダにするとか、インパクトのある施策ってできないのかしらね。お役人さんに任せきりにしないで、みんなが危機感持って考えるときなのかもしれません。もう手遅れなのかもしれないけど、少しでも何かが変われば・・・。

|

« 誕生日はソウルで vol.2 | Main | 誕生日はソウルで vol.3 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

地方都市は車社会ですからね。広い無料の駐車場の店に客が集中するのは仕方ないところ。

中心部にはよほどのことがないと行かなくなりました。シャトルバスがあったとしても面倒だというのが本音。

中心部に無料駐車場ができないかぎり空洞化は進むんじゃないかと思います。

出かけていって気に入ったものが無くても駐車場代は有料。これだけで次は行かないですよね・・・

Posted by: 俊 | April 27, 2010 at 07:08

ハローワークで仕事を探すようになって、求人の少なさ・条件の悪さ(失礼)に栃木県自体が深刻だと感じています。

たいして良い条件でもない契約社員やパートの仕事が、1,2日で消えていく(応募者殺到)のですから。
本当に条件の良い正社員の求人が無いです。
(それを目の当たりにするたび、会社を辞めなきゃ良かったと後悔したりしますが)


日本全体が求人が少ないのかもしれませんが、栃木県はその中でもかなり深刻度が高い気がします。
他県求人数はまだもう少し栃木よりは多いですから・・・。

栃木がヤバイ気がします。

Posted by: noritama | April 27, 2010 at 10:03

俊さん、こん○○は!
中心街にはLE METROがございます。是非、足を運んでください(^^)。東武デパートの駐車場は、買い物をしなくても最初の1時間無料ですし、安いコインパーキングも増えています。自然に足が向くような街になるといいのですが、今度LE METROでワインを飲みながら対策会議を開きましょう。

Posted by: だいちゃん | April 28, 2010 at 01:43

noritamaさん、こん○○は!
ハローワーク、行ったことがないので、そういう状況になっているとは知りませんでした。宇都宮の中心街どころか、栃木が斜陽なんですね・・・。
でも、止まない雨は無いですから。今は耐える時期なのかもしれません。

Posted by: だいちゃん | April 28, 2010 at 01:51

初めまして。県南の足利在住です。
先月、上三川のインターパークショッピングモールへ行きました。かなりの賑わいで羨ましく思ったものです。足利では、旧市街は元より、一時活況を呈したアピタも今では閑散としています。市全体が落ち込んでいる足利に比べ、同じ市内に盛況のある宇都宮、ずっとマシな状態なのではないでしょうか。

以前、福田屋の副社長さんと親しくさせて頂いていた時期があります。中心部撤退を計画されていた時期でした。「福田屋さんが中心地から退いたあたりから、悪い流れが始まった」のではなく、「いち早く流れを読み取った」のが福田屋さんだったのだと思います。当時の宇都宮一等地からの撤退は、勇気ある決断だったのだと思います。その結果、斜陽の百貨店業界にあって、数少ない勝ち組となっています。

Posted by: 諸葛亮 | May 01, 2010 at 09:52

諸葛亮さん、こん○○は!
コメントありがとうございます。
諸葛亮さんのおっしゃるとおりでして、郊外型のショッピングモールが流行ることをすばやく察知し、かつそれを実行した福田屋さんがスゴイのだと思います。
交通網が発達して、ピューッと東京や海外に行くことが可能になりました。ようこちゃんもぼくも、その恩恵を十二分に受けている訳ですが、やはり地元の街は賑やかだといいなと思います。ゼイタクかな・・・。

Posted by: だいちゃん | May 01, 2010 at 18:17

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91555/48193506

Listed below are links to weblogs that reference ようこちゃんも憂える:

« 誕生日はソウルで vol.2 | Main | 誕生日はソウルで vol.3 »