« August 2006 | Main | October 2006 »

September 26, 2006

日・越プリン対決!

 先日旅行したベトナムは、スイーツが非常においしいところでした。フルーツジュースやチェー(日本には無い食べ物かな。ベトナム風あんみつともいうらしい・・・)はもちろんのこと、プリンが絶品でした。

1.46Aバインセオ(46A Banh Xeo)のプリン
 46Aバインセオとは、ホーチミンのバインセオ屋さんです。バインセオとは、モヤシや豚肉、エビなどを水溶きの米粉で包んだ、お好み焼きみたいな食べ物です。それもまた絶品なのですが、プリンがプルプルしててとってもおいしいです。ベトナム南部ではプリンを「Banh Flan」と言い、プリンの上にクラッシュドアイスがのっているのが特徴のようです。なお、注文の際にはプリンでは全く通じず、プリンの絵を見せて注文しました(^^)写真を撮る前にようこちゃんが食べちゃったので全体像が分からないけど、昔の日本のプリンみたいでした。
Pu01









2.バゲットアンドショコラ(BAGUETTE&CHOCOLAT)のプリン
 バゲットアンドショコラは、ハノイ旧市街にあるカフェです。そこの2階はフローリングなので靴を脱いでゆっくりできます。ベトナム北部ではプリンを「Kem Caramen」と言うらしいですが、このお店ではメニューでそれっぽいのを探し、注文したらお目当てのプリンがやってきました。こちらのやつは、クラッシュドアイスがのってません。ちょっと固めだけど、甘すぎずおいしかったです。ここでは、ようこちゃんが食べる前に撮影できました。
Pu02










3.北海道展でゲットしたフラノデリスのプリン
 ようこちゃんが本日50分も並んでゲットしました。テレビで紹介されたときから食べたかったので、うれしいです。これから食べるので味は分かりませんが、きっとおいしいことでしょう。
Pu03

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 23, 2006

益子で購入した器で

 先日紹介した益子で、実は大きめのお皿を購入しました。陶芸家Wさんのギャラリーに1枚だけ残っていた大皿です。以前から欲しいサイズで、Wさんもこのくらいの大きさのお皿は、いろいろな使い方ができて便利だよと助言をしてくれました。芸術家系の器って、使わずに飾ってあるのがありますが、Wさんはそんなこと言わず、どんどん使って欲しいと言っています。そんなところも好きな理由の一つですね。
 益子の帰りにカツオを買って、さっそく盛り付けてみました。いいお皿に盛り付けると、今まで以上においしく見えます。器の威力ってすごいなぁ。もちろんカツオもおいしかった(^^)

20060918

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ベトナムのお土産

 ハノイの旧市街でスタンプを作ってもらいました。1つ$3から$4で、すべて手彫りで作ってくれます。素朴でかわいいでしょ?「PHUC LOI」というお店で、日本の方もたくさん訪れているみたい。たくさんの見本からデザインを選んで、好きな文字を挿入できます。また、自分でデザインした絵柄でも「できる、できる」と元気なおばちゃんが言って作ってくれます。(実際に作るのは、奥にいるおじさんでしたが・・・)ぼくたちは、オリジナルデザインを含め、全部で4個作ってもらいました。すばらしい出来上がりで、大満足です。

Viet02

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 22, 2006

大好きな器たち

 益子の陶芸家からアトリエ展の招待状を頂戴していたので、ベトナムから帰った次の日に大好きな器を眺めに行ってきました。ここ数年、益子はどんどん変貌を遂げ、若い芸術家たちがたくさんやって来ているようです。今回訪ねた陶芸家のWさんもそんなひとりなのかな。今までの益子焼には無い真っ白な器が特徴です。(正確には益子焼ではないようですが・・・)
 アトリエに到着してすぐ、手料理のおもてなしを受けました。これがまたおいしいぃ。ぼくもこんなおいしい料理をサラッと作りたいです。

Mashiko03










 料理を頂いた後は、アトリエ兼ギャラリーでうっとりと器を眺めました。
Mashiko02









Mashiko01

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 20, 2006

夏休みということで・・・

 遅めの夏休みを8月末、9月中旬と2度取得し、それぞれ韓国(ソウル)、ベトナム(ホーチミン・ハノイ)、カンボジア(アンコール遺跡)に旅してきました。なんとか仕事の段取りをつけて、久々にようこちゃんとゆっくり?できました。
 ソウルは、ぼくが今回で3回目、ようこちゃんにおいては、5回目なのかな。かなり慣れてきて精力的に動きました。今回のソウルは、「パッピンス」というカキ氷(フラッペ)みたいな食べ物をたくさん食べました。夏のソウルではよく食べられているみたいで、地元の子たちも食べていましたよ。感想は、氷が硬いかな。日本のカキ氷のほうがおいしいです。続けて焼肉ですが、今回ハッキリしました。牛肉を食べるなら日本のほうが安いし、おいしい。今後も何度もソウルには行きたいけど、焼肉はもう食べないかもしれません。
 でも、感動的においしかったのが、ソルロンタンです。ソウルロイヤルホテルの正面にある24時間営業のシンソンソルロンタンというお店で食べました。ソルロンタンは、牛の骨や様々な肉を煮込んで出汁をとり、塩(たぶん)で味を調えた白いスープです。かと言ってしつこくなく非常においしいですよ。

Seoul10_2

 続いてベトナムです。こちらは、はじめての国です。まずホーチミン、そしてカンボジアを経由してハノイへ入りました。9月のホーチミンは雨季で、とっても暑かったですが、ハノイは比較的過ごしやすかったかな。ハノイには四季があるそうですよ。
 ベトナミーズは非常においしい。春巻き、バインセオ、そしてフォー。フォーはうまいですよ。日本で食べたフォーとは違いますね。それに、すべて安いし。食事をするにはいい国でした。
 困ったのは、交通事情です。下の写真のようにミニバイクが洪水のように走ってます。信号はほとんど無視される無法地帯ですね。ほんと怖かったです。

Viet01_1

 最後は、カンボジア。シェムリアップというアンコール遺跡群に近い町に滞在しました。カンボジアではアンコール遺跡群を朝から夕方まで見て周りました。ガイドさんが元気で陽気な人で、とにかく歩きました。観光で筋肉痛になったのは初めてです・・・

Angkor01_1

 シェムリアップでは、今までで一番になるだろうホテルに宿泊しました。「HOTEL DE LA PAIX」書ききれないくらいいいホテルでした。アンコール遺跡はほとんど見たので、次はこのホテルへ宿泊するためだけでも、行ってみたいです。

Angkor02_1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 06, 2006

8月に読んだ本

企画書は1行
野地 秩嘉
 企画書というより、プレゼンの「つかみ」を紹介している感じでした。「へぇ」と驚きはありましたが、今の仕事ではちょっと使えないかな・・・
Hon03_3
あなたの話は、なぜまわりくどいか
矢幡 洋
 まわりくどい話方をする人、完璧主義者に多いそうです。すべてを伝えなきゃいけないという気持ちがそうさせているらしいです・・・
 最近新書を多く読みましたが、どうもこじつけが多いなぁ。
Hon02_3
プリンシプルのない日本
白洲 次郎
 テレビなどで「従順ならざる唯一の日本人」とのフレーズで紹介されている白州次郎さんが、週刊誌などに寄稿した文章をまとめた本です。
 白州さんの言動を知ったというより、現在の日本の成り立ちがよく分かった本でした。
Hon01_3

| | Comments (0) | TrackBack (0)

8月のゆうごはん

ようこちゃんが2週間ほど里帰りしたこともあり、簡単な食事が続きました。
コンビニの弁当なんかも食べちゃったので、不健康な月になってしまいました。
そうそう、夏なのに今年はうなぎも食べなかった・・・

8/18/28/38/5
20060801 20060802 20060803 20060805
8/68/88/118/12
20060806 20060808 20060811 20060812
8/138/148/158/16
20060813 20060814 20060815 20060816
8/178/188/198/20
20060817 20060818 20060819 20060820
8/218/228/238/24
20060821 20060822 20060823 20060824
8/30
20060830

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2006 | Main | October 2006 »