December 31, 2006

新年を迎える準備・・・2

 いよいよあと数時間で、新しい年がやってきます。今日購入してきたお蕎麦をゆで、「年越しそば」として、いただきました。そばは、ゆでるのが結構難しいのですが、僕はパスタ用の鍋でゆでます。これだと、流水にさらすのもとっても簡単、冬は水も冷たいのでいい具合に仕上がりました。

いつも食べに行く、近所のそば屋さんで購入したお蕎麦。いい香りがします。
Toshikoshi1

ゆであがり、盛り付けました。うまそうです。
Toshikoshi2

 それでは、準備も万端。Have a happy new year!!


| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 30, 2006

週末はランチに・・・5

 2006年もあと二日。今年の最終週末のランチは、「BAnBA PIZZA」にピッツァを食べに行きました。このお店は、宇都宮の餃子の激戦区(関係ないですが・・・)に位置し、薪窯で丁寧かつスピーディーに焼き上げたおいしいピッツァを提供してくれるお店です。ランチタイムには、4種類のピッツァからチョイスでき、ぼくとようこちゃんは、定番のマルゲリータとフンギをオーダーしました。

マルゲリータ
 ド定番だけど、なかなかおいしいのには、出会えないのがこのピッツァ。
 しかし、ここんちのは、うまいですよ。モチモチしたナポリタイプの生地もグッドです。
Banba2

フンギ
 舞茸・しめじ・マッシュルーム・シイタケの4種のきのこと、ベーコンが散らしてあります。それらから出るうまみに、チーズが絶妙に合わさって、極上に仕上がっています。
Banba1

 こちらのお店、久しぶりにお邪魔したのですが、ぼくたちを覚えてくれていたみたいで、なんだかうれしかったです。2006年のランチ、いい締めくくりができました。
(^^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 26, 2006

クリスマスらしいもの・・・

 クリスマスと言えば、ケーキ、シャンパン、プレゼント・・・。今年の我が家でのクリスマスは、こんな感じでした。

クリスマスケーキ
 ようこちゃんが、デパートで予約した ANGELINA のケーキ。銀座へ遊びに行くと必ず購入するのですが、今回は地元で手に入れることができました。味のほうは、ようこちゃんは大喜びですが、ぼくは少し苦手です。ごめんなさい。(この写真、飾りが倒れてる・・・)
Xmas1


クリスマスケーキじゃないけど。定番です。
 シャンベルタンのケーキです。ここのケーキには、ハズレがないですね。中でもぼくは、右側の「ティファニー」というロールケーキが好きです。クリスマス期間中は、1本まるまるでの販売はしないそうです・・・
Xmas2


スパークリングワインです。
 モエ・エ・シャンドンがオーストラリアのヤラ ヴァレーで生産しているモノ。モエ・エ・シャンドンは高価だけど、こちらは、フルボトルでもリーズナブル。おいしい。
Xmas3


プレゼントです。
 先日の記事にて紹介した「ATELIER n°18 TRAVAIL」で購入した、リースです。華奢だけど、素敵だ。
Xmas4


| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 25, 2006

通いました

 気が付くとクリスマスイブ。今年も残り少なくなりましたが、今年はたくさんのすてきなカフェに行きました。東京まで遠征したり、海外まで足を伸ばしたり。お邪魔したいずれのお店も、それぞれ特徴があり、すべてがお気に入りと言っていいのですが、「2006年 だいちゃんとようこちゃん ベスト1カフェ」は、やはり「cafe keica」ですね。
 11月末に初めてお邪魔して以来、5週連続の大逆転。2年前に遠くの街から、ぼくのお嫁に来てくれたようこちゃんに、何としてもぼくの街を好きになってもらおうと、あちこちのカフェに連れて行きました。たくさんのお店を知りたくてリピートをなかなかしないようこちゃんが、ここまで気に入ってくれたお店はこれまで無かったので、ぼくにとってもすごくうれしい。これからも、二人で何度も訪れたいです。
 そして、イブに頂いたお食事は次のとおりです。


ようこちゃん
 コック オ ヴァン
 赤ワインで鶏肉を煮たものでしょうか。素人がワインを使うと、ワインの味ばかりしちゃうけど、さすがですね。おいしいです。
ぼく
 ポークカレー
 ぼくはカレーの王子様(辛いのはダメ)なのですが、大丈夫でした。辛くない。そしてうまい。欲を言えば、ごはんとカレーの量が逆でも可(^^;)です。
Keica11
Keica10

ようこちゃん
 Noelショコラ
 以前供されたショコラとはちょっと違い、もっと大人な味でした。いっしょに盛り付けられているミカンかな?もおいしかったです。
ぼく
 イチゴのショートケーキ
 これには、ケーキベスト1をあげたいっ!食べてよかった、感激です。このケーキ、レギュラーメニューにしてほしいな。
Keica14
Keica13

二人でオーダーした、ノンアルコールのスパークリングワイン。ラ・フランスが浮かんでいて、おしゃれです。デザートはこんな感じで供されます。どう?すてきでしょ?
Keica12
Keica15


 年の瀬を向かえ、「cafe keica」にめぐり逢えてほんとよかった。
 Merry Christmas!! and A Happy New Year!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 24, 2006

週末はランチに・・・4

 今週末は、「タフドア」というお店に行きました。ここは何度も雑誌等で紹介されているのに加え、イブの前日ということもあり、混雑が予想されましたが、ランチタイムから少し時間をずらしたこともあって、待つことなく席につけました。
 このお店はちょっと変わった造りです。たぶん倉庫だったのかな?天井が高く、そして窓が少ないので、薄暗いのですが、カフェとしては正解でしょうね。他のお客さんものんびりと読書やおしゃべりを楽しんでいます。ぼくたちも、備え付けの本(たくさん、そしていろいろなジャンルの本があります)をお借りして、料理の到着まで読書をさせてもらいました。
 そして、肝心のランチは、次のとおりです。

ようこちゃん
 タイカレー
 ぼくにはちょっと辛いけど、ようこちゃんには、問題なし。味も問題なしです。
ぼく
 モツ煮ごはん
 カフェでモツ、意外な組み合わせですが、非常においしい。欲を言えばもう少しごはんが欲しいかな・・・
Taf2Taf1

飲み物
 ようこちゃん(アッサムティーのミルク入り。茶帽子?がかわいいです。)ぼく(アイスカフェオレ)
お店の外観
 長居したので、お店を出ると外は真っ暗に。暖かい光が、いい感じですね。
Taf3Taf4

 そして、驚いたことに、店内で Reclu さんに遭遇。ぼくたちを覚えていただいたみたいで、ちょっぴりうれしかったです(^^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 23, 2006

King's confectionery 王様のお菓子屋

 クリスマスのケーキはどうする。購入するか、手作りするか。ぼくとようこちゃんは、悩んでいました。そんな時、ぼくの会社の後輩が昨年のクリスマスケーキを購入したときのお話を、思い出しました。そのお店は、予約を受け付けないポリシーらしく、そこのケーキのファンは、クリスマスには、朝からお店に並ぶのだそうです。ちなみにそのお店(王様のお菓子屋)は、ぼくたちのお家から歩いて数分の場所。昔から知っている店なのに、そんな攻防が繰り広げられているとは、全く知りませんでした。そんなわけで、ようこちゃんとぼくは、クリスマスを前に偵察に行ったのですが・・・
 まず、ゲットした情報は、「並ばなくても大丈夫です。」という店員さんのやさしいお言葉。クリスマスは、「一日中ケーキ焼いてます。」だって。そう聞くとありがたみが無くなるのですが(^^;)お話だけではなんなので、以下のケーキを購入。味を確かめてから、クリスマスを任せるかどうかを決定するとの、ようこちゃんの判断です。

King

 二人暮らしなのに4つも買ってしまいましたが、小さいケーキなので大丈夫。小さいけど、左奥のフルーツロールがしっとりした食感で、高得点でした。残りの3つも全ておいしく頂きましたが、クリスマスケーキがどうなったかは、後日報告します。


「王様のお菓子屋」さん、残念ながら2007年2月14日をもって、宇都宮のお店を閉じられました。長野県のヴィラデストガーデンファームアンドワイナリーで新たにお菓子屋さんを営まれているそうです・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 22, 2006

悪戦苦闘 2

 以前の記事(12/7 悪戦苦闘)にて紹介したかぼちゃが少しだけ残ったので、sweets に挑戦してみました。「かぼちゃのプリン」のつもりなんですが、型からとり出すのに苦戦してしまい、写真のとおり不恰好なプリンになってしまいました(^^;)
 味のほうは、おいしいかぼちゃを使っているので、まずまずといったところでしょうか。(ようこちゃんは大喜びしてくれましたが・・・)ラム酒を使ったカラメルも大人の味に仕上がりました・・・と、自画自賛ぎみですが、もっと修行を重ねさせていただきます。

Kabo5

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 21, 2006

「Reclu」のパンでランチです

 いつものお昼は、ようこちゃんが作ってくれるお弁当を会社で食べてるのですが、昨日の記事で書いたとおり、「Reclu」のパンを購入してあるので、昼休みに会社を抜け出し、おうちでようこちゃんとランチを楽しみました。

Reclu5

と言っても、あまり時間が無いのでゆっくりはできないのですが・・・
右は、Rustique をスライスし、Sarabeth のジャムをつけて。
左は、Bagel にバター、トマト、アボカド、マヨネーズをサンドしてます。(ようこちゃんは、ゴマとアボカドが大好きなんです。)
どちらのパンも、何も足さなくても十分おいしいのですが、一手間かけるだけで、よりいっそうおいしくなりました。「Reclu」のパン、恐るべしです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 20, 2006

通ってます 3

 12/17(日)、ついに4週連続で、「cafe keica」に行きました。大好きなパン屋さん「Reclu」も出張販売しているとの情報も得ていたため、見逃せません。
 しかし、14時過ぎに到着すると駐車場に空きがありませんでした。日曜日は年末の買出しもあったので、残念ながら 「keica」でのお茶は諦め、「Reclu」 のパンのみ購入しました。内容は次のとおり。
・Baguette campagne (右)
・Bagel (中奥)
・Rustique (中手前)
・Scone (左)
Recle3
 まずは、Baguette campagne をガーリックトーストにしていただきました。ぼくの中で、ガーリックトーストと言えば、NewYork の「FRANK」というイタリアンのお店で食べたモノが一番です。あの味に近づこうといろいろ試行錯誤を重ねていますが、なかなか再現できません。
 この写真は「FRANK」のカウンターから厨房を撮影したもの(「FRANK」のHPから拝借)
Ny1
 ぼくとようこちゃんもこの席に座り、ガーリックトーストをオーダーしました。この厨房は衝撃的で、ぼくの大好きな映画「dinner rush」を彷彿とさせる光景が展開されていました。そして、この厨房から供される料理は、映画のようなヌーベル・キュイジーヌではないけれど、すべてが感動的においしかったです。
 そして、今回まねっこしたのが、下の写真のガーリックトースト。「FRANK」の味には到底およばないけれど、パンのみのおいしさは、「Reclu」のパンが断然上ですね。甘い生地がなんともおいしいです。このパンなら、味にうるさいヤンキー達も満足するハズだと思いました。 Recle4

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 18, 2006

ホッとします・・・

 ようこちゃんとのお散歩の途中、「CAFE PRAKTICA」で休憩しました。こちらのお店には、数年前からゆったりとした時間を貪りに通っています。

 さて、ぼくは、いつもの「二番町ブレンド」をオーダー。いつもどおり、おいしいコーヒーでした。ようこちゃんは、歩き疲れ、ちょっと汗もかいたということで「アイスコーヒー」を。
 そして、お決まりの sweets ですが、今回は「四角いレモンのケーキ」。(名前は忘れてしまいました・・・)このケーキ、酸っぱいのですが、なんかいいです。はい。お土産にも一つ購入して帰りました(^^)

Praktica

 「CAFE PRAKTICA」は、今年の春に新しいお店をオープンしています。それまでは、美女と野獣(すみません・・・)のようなご夫婦お二人でお店に出ていらっしゃいましたが、新店舗オープン後は、ぼくらが行くときはいつも、奥様(美女)ひとりで寂しそうでした。でも、この日はご主人(野獣)も一緒。奥様も心なしかうれしそう。ぼくらもいい時間を過ごせました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)